昭和42年 西別院・親鸞聖人七百回大遠忌法要の記念マッチ
b0029488_057478.jpg


前々坊守の月命日なので、D寺さんがおじょうはんのおまいりに来てくださいました。

たまたま、前坊守と坊守が、それぞれ所用で長野や京都に出かけているので、おじょうはんの準備・接待はボクがすることに。

石油ストーブを点けるチャッカマンの調子が悪いので、マッチを捜して普段あまり見ないところをゴソゴソしていたら、なんと40年以上前のものが出てきました。


昭和42年に勤修された岐阜別院の親鸞聖人七百回大遠忌法要の記念のマッチです。



【マッチの表裏2面の写真】
b0029488_0564180.jpg


【マッチの表裏・側面の文字のテキスト】
...................................................................

親鸞聖人七百回大遠忌法要
昭和42年4月27日~30日
御門主御親修
御裏方御臨席
西別院
....................................................................

拝む手を心に家庭に 世の中に
....................................................................

親鸞聖人七百回大遠忌 協賛
トヨペット クラウン スーパーデラックス
岐阜トヨタ自動車
岐阜市金町9丁目28番地 TEL(大代表)65-3211
....................................................................





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    






..................................................................................................................

 よ う こ そ 『 西 蔵 坊 だ よ り 』 へ

b0029488_22514638.gif『西蔵坊だより』は、 森鏡山 正蓮寺の住職の日記です。
仏教のこと、山や川や海のこと、TIBETのこと等、思いつくまま書いています。
よろしければ、TopPageより、ゆっくりご覧ください。

                    『西蔵坊だより』TopPage

by e.wash-r | 2009-01-30 01:04 | Photo only | Comments(2)
Commented by renge at 2009-01-30 14:11 x
すごいですね、ゴソゴソとするだけで40年以上前のものが出て来るなんて。ずっと同じところに住み続けるってそういうことなんですね。

ふと時代を遡り「お寺&お墓で転ぶと(怪我すると)一生治らないよ」と大人に言われていた頃だったなぁと思い出しました。走ったり騒いではいけないという意味だったのでしょうね。
Commented by e.wash-r at 2009-01-31 18:36
ただ、整理がしてないだけのような気が・・・。

一生お寺で転がり続けるのが正統です。Like a rolling stoneでいきましょう。
<< キッズサンガ推進委員会役員会 紙は天下の回りもの >>