唯円さんを訪ねる旅 -水戸の報仏寺と吉野の立興寺-

和歌山から紀ノ川を上って訪ねた吉野。
目的のひとつは、唯円さんのお墓におまいりすることでした。


  ◆ 親鸞聖人の直弟子・二十四輩のひとり、唯円坊(房)。

  ◆ 『歎異抄』は唯円さんの著と言われています。(諸説あり)

  ◆ その唯円さんが開かれた道場が、茨城県水戸市河和田の報仏寺。

  ◆ そして唯円さんのお墓は、奈良県吉野郡下市の立興寺にあります。


水戸と吉野の距離は直線でもおよそ500km。
500kmのその有り難い理由は、後述。落ち着いてよく整理して書きます。(たぶん、いつか)


関東のお念仏も吉野のお念仏も誓願不思議のお念仏です。



【茨城県水戸市河和田】
b0029488_1183890.jpg報仏寺
b0029488_1185794.jpg道場池


【奈良県吉野郡下市】
b0029488_1191964.jpg立興寺
b0029488_1193450.jpg唯円墓





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    




 
by e.wash-r | 2009-02-04 01:23 | おまいりにて | Comments(0)
<< 義なるもののうえにも不義なるも... 西光寺真宗教室 -御伝鈔でたど... >>