黒野組こども会 別院参拝と観劇 -香光殿にて-
b0029488_00539.jpg


黒野組こども会の恒例の西別院参拝と観劇。

黒野組こども会は、そういう実態があるわけではありません。組がこどものために企画した西別院参拝と観劇に、各お寺からこどもが集まってきます。

こどものことですから、こどもの意志だけで参集することはできません。基本的にはお寺の姿勢によります。任意の活動ということです。

当寺は、日曜学校生に参加の有無を聞いて、希望者で参加しました。積極的とか消極的とかいう問題ではなく、流れの中のことです。それだけのことで、それでいいと思っています。



どんなことにも困難な状況はあります。何かをできる場合もできない場合もあります。問題は、できるできないの問題ではなく、思いの問題だとおもうのです。

勝手なことを言っていいのなら、思いをともにできるお寺といっしょにものごとに取り組みたいなあ、と思うのです。



以下愚痴。

香光殿でおまいりしお聴聞し、ご飯を食べて遊びました。

香光殿は、取り壊しがほぼ決定しており、「研修センター」新築の計画が進んでいます。今日、香光殿におまいりし遊んでいたこどもたちは、このことについて意見を言うチャンスはありませんでした。

こどもたちと香光殿でおまいりし遊ぶということに思いのない人が、「研修センター」のことを考えているという不合理。

どんな"研修"がしたいんだろう?

「研修センター」ができたからと言って、思いの異なる「研修」をさせられるのだけは、勘弁してほしいと思うのですが・・・。せめて「研修センター」をつくろうという人は「研修」をしてください。




                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    
by e.wash-r | 2009-07-12 23:59 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(2)
Commented by renge at 2009-07-21 14:24 x
『香光殿』 本願寺に建立されたときから数えて111年も経つのですね。

例えば町家造りの街並みなども、住む方の利便性を考えての建て替えと、歴史的建造物ということでの保存とに意見が分かれるところですが。

古いお寺さんに拝観料を払ってでも見学に訪れたり、大切な建造物ということで重要文化財に指定されたり。

きっと、このようなタイミングがどちらの道を選ぶかの岐路なんでしょうねぇ…
Commented by e.wash-r at 2009-07-22 11:33
①維持・安全の問題と宗教、歴史、文化的意義とのバランスから修繕保存するか否か?
②研修施設が必要か否か?必要なら、どういうものがよいか?

本来別々のこのふたつの議論が同時進行するところに、黒野別院が統合されるなかで起きたあそか苑事件を想起します。

反省と学習しないと。

現況では、ズルイですが、関わることに躊躇。


rengeさま
<< ペットボトル禁止令?に思う   夏なのに・・・ >>