西光寺キッズサンガ -過疎化の村でも-
豪雨の中、根尾水鳥の西光寺キッズサンガ訪問。

室内ゲーム、うすずみ温泉、バーベQ、キャンプファイヤー、肝試し、かき氷、花火等々。
ご住職の熱意と努力に感服。
きもだめしの脅かし役をちょっとして、バーベQをごちそうになりました。

b0029488_0511548.jpg根尾谷

豪雨の中
b0029488_0513855.jpgバーベQ

こども

ゴザに座って
b0029488_0515344.jpgバーベQ

おとな

総代さん
おじいちゃん
おばあちゃん
お母さん
お父さん
ビール
焼肉のタレ
シロップ
b0029488_0521786.jpgキャンプファイヤー

本堂で

工夫次第
b0029488_0523387.jpg夜のお楽しみ

花火


岐阜市との境の鹿穴峠を越え根尾谷へ。

根尾谷の北は福井県、西に峠を越えれば、今はダムに沈んだ旧徳山村です。この山域はご法義の篤いところです。

(ダムに沈む前の徳山村の真宗風俗を調査された千葉乗隆先生は、秘境と呼ばれた旧徳山村の信仰を『ある山村の社会と宗教 -奥美濃徳山村』という本にまとめられました。)

過疎化の進む村でのキッズサンガ。西光寺ご住職のほのぼのとしたお人柄そのままの、ほのぼのアットホームな雰囲気。

でもきっと、みえないところの、ご住職の並々ならぬ熱意と努力があったのだろうなあ。


西光寺さんに向かう途中、本願寺総長に就任された橘正信総長のお寺がある金原の村を通りました。ここもまた、ご法義の地です。

橘総長は、岐阜教区の少年連盟の委員長を歴任され、日曜学校や少年教化にご尽力された方ですから、金原のさらに奥の村のこどもたちが、相焼香の西光寺さんを居場所に阿弥陀さんのご縁に遇っているすがたを見られたら、誰よりもよろこばれるのではないかと思います。

足もとがしっかりしていればこそです。


あいにくの雨でしたが、こどももおとなも楽しんだ西光寺キッズサンガでした。




                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    
by e.wash-r | 2009-08-11 01:14 | おまいりにて | Comments(0)
<< フェーン モンスター・・・・・・・ >>