ホテルがお寺になる日?
b0029488_2142150.jpg


市内MホテルにてT家のご法事。関東、関西から親族が集まられました。

親族家族がそれぞれ離れて遠方で生活していらっしゃっても、ご法事を法縁に集まられるということはありがたいことです。

人が集うということにおいて、「連休」の役割は大きいと感じました。



ご法事がはじまる前の仏間で、ホテルの方と歓談。最近のホテルの法事事情を聞きました。

Mホテルには仏間が二間あるそうで、今日は午前と午後、合計4家のご法事がつとまるそうです。この頃は結婚式がないので、ご法事に力を入れています、というようなことをおっしゃっていました。

確かに、おまいりする度に、お荘厳や設備がバージョンアップしているような気がします。


ハード面について、お寺がよくなるというのは、一方ではこういうある種のサービス精神、目的意識の確立なんだろうなあと感じた次第です。

もちろん、肝心のもう一方は、仏徳賛嘆・仏さまへのお敬い・ご報謝ですが、こちらはあんまりことばで言うことではないですね。かたじけない、もったいない、おはずかしい、の世界です。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
by e.wash-r | 2009-10-12 00:02 | おまいりにて | Comments(0)
<< どんぐりころころ 戦災に耐えた大木 >>