楪 譲り葉 ユズリハ とくあか
b0029488_22315483.jpg

昨日の雪で、楪の木が折れ、お墓へ行く山道を塞ぎました。
大木なので片付けるのに苦労しそうです。

「楪」は「ユズリハ」と読みます。「譲り葉」とも書きます。新しい葉が出ると古い葉が散ることからついた名です。潔い世代交代を象徴する樹木だそうです。

当寺では、「ユズリハ」とは言わず「とくあか」と言います。葉の付け根が赤いことからそう言うそうです。その赤が鮮やかなので、お正月の花に用いたりします。

なぜ当寺で「とくあか」の名を用いるのかはナゾです。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
by e.wash-r | 2009-12-20 22:33 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
<< ひこずり -役員忘年会- 雪 -カメムシの噂は本当だった- >>