正尊寺報恩講 -現庫裡最後のお斎-
b0029488_19444372.jpg雪の庫裡


b0029488_19445970.jpg庫裡のつらら


b0029488_1945125.jpgおとき


正尊寺さんの現庫裡最後の報恩講におまいり。

法中(おまいりにきたご院さん)をお接待してくださる御門徒さんが、書院でお斎の準備をしていてくださったのですが、"今回は庫裡で・・・"とお断りしました。

わがままを、お接待の御門徒さんは、"そうですね。是非庫裡で最後のお斎をゆっくりあがってきてください。"と気持ちよく、そして、しみじみ今日はそう言う日なんだという思いで受けとめてくださいました。

お寺ってこういうところだよなあと清々しい気持ちで庫裡へ。

ひとつの区切りのイベントとして、彼方此方を見渡しながらおときをいただきました。

『さようなら』のご縁に遇えるということは、うれしいことだと思います。


正尊寺さんの庫裡建設のblog 『お庫裡を建てよう』


                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
by e.wash-r | 2010-01-17 19:42 | おまいりにて | Comments(0)
<< 超宗寺報恩講 はじめてのお取り越し -ご正忌... >>