ほとけさまの木の下で -門信徒の集い-
b0029488_031773.jpg


「門信徒の集い」に、門信徒のひとりとして参加。

その感想。

今年は、おつとめの後、お聴聞に来ているボクたちも巻き込んでくださった「コール・デ・ナーモ」さんと「シャーラ」さんのコーラスがとてもよかったです。

最初、いっしょに楽しみましょうと「大きな栗の木の下で」を振り付けをしながらみんなで合唱。

イイ感じでボクたちも参加したところで、"こんどは『大きな栗の木』を『ほとけさま"』に替えて歌ってみましょう"と。

        ほとけさまの木の下で
        あなたとわたし 
        仲良く遊びましょう 
        ほとけさまの木の下で

そのあとみんなで『しんらんさま』を合唱。

プロジェクターで本堂の両サイドの大型スクリーンに映し出された歌詞を見ながら、味わい深く『しんらんさま』を歌いました。

『やっぱり阿弥陀さん』のいい雰囲気だったと思います。


余談ですが、『しんらんさま』を歌うと、どうしても「・・・あさの窓・・・」の部分が気になります。

過去のblog  窓のある風景 -「ユンブ・ラカン」の窓から「windows」まで-








                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
by e.wash-r | 2010-03-13 00:55 | おまいりにて | Comments(0)
<< 春が来た -新記録かも知れない- 門信徒の集いの準備 >>