美濃四十八座 教徳寺真宗講座 村上元師
b0029488_123154.jpg夜のお座

灯籠の演出
b0029488_12314038.jpg皐月躑躅(つつじ)

皐月躑躅咲く頃のお座
b0029488_12315695.jpg村上元師

念仏ラップ
b0029488_12321555.jpg若院さん

四十八座のご案内


教徳寺さんではじめての真宗講座がおこなわれました。

夜座のお聴聞。

ご院さんやご門徒さん方が、開催に向けて精力的に走り回ってみえるおすがたを何度も拝見していたので、本堂いっぱいのお同行のなかにいて、何とも言えない感慨がありました。

ご講師は、遠く島根津和野の村上元師。若院さんは、ご講師紹介の話の中で、龍谷大学時代に音楽を通じて出遇われたこと、そして今ともにこうしてほとけさまのお取り次ぎをするご縁にあることの不思議をよろこんでみえました。

その話を聞きながら、ボクは学院時代の法友のことをおもいだし、もう何年もあっていないけど、みんな、きっとそれぞれの場所で、やっぱりほとけさまのお取り次ぎがんばっているんだろうなあ、おみのりが同じなんだから、みんな同じことしてるんだろうなあ・・・と。

華があるご講師のラップのお取り次ぎのときには、お同行もいっしょになって手拍子でお念仏。そして、最後は、やっぱり阿弥陀さまの決して捨てない慈悲のお話しを張りつめた空気の中で凛とお聴聞。

ひとそれぞれの日暮らしがある以上、譬え話というものは、必ずしも、万人にそのまま通じるものではないのかも知れません。寺に帰った後、昼座もお聴聞した坊守の話を聞き、心や体では理解できず受けいれることができなくても、それでも、なんとなく伝わってしまうのが大悲のお心なのだとあらためて確信。カッコつけて言えば、まさに本願名号のおはたらきゆえとよろこびました。

来年も、皐月躑躅の咲く頃、またお座がたつのだろうと思います。




                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
by e.wash-r | 2010-05-08 12:29 | おまいりにて | Comments(6)
Commented at 2010-05-08 22:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by e.wash-r at 2010-05-08 23:43
老若男女、ノッてましたよ。

ノリの悪いボクも、雰囲気に乗せられてぎこちなくノッてました。


皐月(さつき)じゃなくて、躑躅(つつじ)でしたね。貴blogを読んだときの字のイメージとなんか違うなあと感じてはいたのですが・・・。

ボクは昼座のご縁に遇えなかったのが残念です。また遇いましょう。

しゅうきょうさま

Commented by リュウノスケ at 2010-05-09 06:42 x
お聴聞ありがとうございました。
初開催で緊張しながらも、法友方の顔が見えると少し気が楽になりました。
ご講師さんも非常にいい雰囲気でお話ができたと喜んでおられました。
やっぱり法座はいいですね。
Commented by e.wash-r at 2010-05-10 04:16
緊張しているリュウノスケクンは、かっこよかったですよー。

ご講師さまの「自分探しの旅」の言に、反応してしまいました。みんな、過去があって今があるんですよね。

いずれそのうちやっぱり阿弥陀さんです。


いい法座ありがとうございました。御講師さまにもよろしくお伝えください。


リュウノスケさま
Commented by micgenspool at 2010-05-11 02:26
お念仏に遇えて、法座に立てて、皆さんに遇えて
最高のご縁を賜りました☆
ムーチョ有り難し!

リュウノスケがとても頑張っていたので、
自分の出来るすべてを出し切ったご縁でした。
そして、この上ないお育てを賜りました!!
また、お出遇いすることがあると思います。
いろいろと御話しさせて頂ければうれしいです!
Commented by e.wash-r at 2010-05-13 00:52
法縁に感謝いたします。

昼座にご夫婦でおまいりしてみえたご門徒さんが、夜座にもいらっしゃっていて、「今日は、"女房が夜座も行こう"というので、はじめて夜座に来ました。」とうれしそうに話してくださいました。

法座に来ていらっしゃった教徳寺さんのご門徒さんと、偶然、ある会議でお会いしました。その方は、法座っていいねえとおっしゃったあと、手帳を出され、「正蓮寺さん(当寺のこと)のお座の日にち、ちゃんと手帳に書いてあるで・・・」と。

かたちは様々ですが、こういうことが、800年続いてきたんだと思いました。もっともっと広がっていくと思います。

やっぱり阿弥陀さんですね。

ほんとうにありがとうございました。


micgenspool さま


<< 「あの頃のまま」 1  おじい... 岐阜やさしい真宗講座 山田行雄師 >>