平和の鐘

b0029488_937633.jpg


平和の鐘を撞きました。

◆岐阜空襲悼み「平和の鐘」    asahi.comより

太平洋戦争末期の「岐阜空襲」から65年となる9日、鐘の音とともに恒久平和を願う岐阜市の「平和の鐘」が市内の寺院など約130カ所で実施される。今年で21回目。

市によると、1945(昭和20)年7月9日と12日、岐阜市は米軍爆撃機による激しい空襲を受けた。2度の空襲で、市街地の約80%が焼失、死者863人、被災者8万6577人の大きな被害が出た。

 空襲の死者を悼み、戦禍を風化させず、平和への思いを深めるため、市は90年から毎年、市民参加で「平和の鐘」を響かせてきた。



恒久平和を願いつとめていく人の営みがあり、それは決して平和な世界ではないのだけれど、慈悲は照らしていてくださるんですよね。


                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
by e.wash-r | 2010-07-09 10:02 | ふるさと | Comments(0)
<< 買い物 - 『めぞん一刻』 全... 「お稲荷さん」の雀、「おちょぼ... >>