黒野組法勝寺キッズサンガ まいこ塾
法勝寺さんのキッズサンガを表敬訪問。

b0029488_20441498.jpg8:30~9:00

お経のおけいこ
b0029488_20443786.jpg9:00~10:00

勉強

遊んでいたりもします

10:00~

おやつ
b0029488_20445953.jpgこども20人
スタッフ6人

7/21~7/26

最後はみんなでカレー




寺子屋というのかどうかわかりませんが、少なくとも戦前の農繁期、地域のこどもは寺で過ごしていたそうです。

法勝寺さんの夏休みの本堂には、想像ですがそういう雰囲気があります。


坊守が、"正蓮寺も、夏休みは毎日こどもが寄れるようにしようか"とつぶやいていました。
『言うは易く行うは難し』じゃなくて「楽し」だといいね。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
by e.wash-r | 2010-07-26 20:40 | おまいりにて | Comments(2)
Commented by renge at 2010-07-31 13:59 x
子どもだけでなく、大人も入れてほしい。
イベント・行事ではないときのお寺に魅力を感じます。
とりたてて用事もないのにひょっこり立ち寄れるお寺さんっていいですね。
「ちょこっと散歩がてらにお寺さん」
「ちょっと暇やでお寺さん」
「夕涼みにお寺さん」
「何とはなしにお寺さん」
「近く通ったでお寺さん」
「気分転換にお寺さん」
 …

『いつでもお越しください』と仰ってくださるので、自分が行けばいいだけのことなのですが。
これが意外とね(^_^;)

Commented by e.wash-r at 2010-08-01 01:45
それぞれのお寺にそれぞれの歳事があります。

それはちょっとした日常であり、時にはいわゆるイベントでもあるのですが、願いはひとつで、それはほとけさまのご縁に遇うということだけだと思っています。

ただ、ほとけさまのご縁というのは、実体として具体的にしめすことができる何か事象があるわけではなく、どこまでもご縁です。

どうぞ、いちばんいい道でほとけさまのご縁にあってください。


そう言う意味で、イベントや行事は特別なことでなく日常ですよ。


rengeさま
<< 第54回岐阜教区少年連盟サマー... 黒野組安養寺キッズサンガ >>