榎御坊(藤ノ木御旧跡) -飯山市旭藤ノ木の親鸞聖人・蓮如上人御旧跡-
b0029488_1650817.jpg国道292号

飯山街道の案内板
b0029488_16504193.jpg遠景
b0029488_16511492.jpg近景
b0029488_16515325.jpg堂内
b0029488_16521797.jpg阿弥陀如来

連座のお軸

七高僧

b0029488_16524144.jpg旧本堂
b0029488_16531420.jpg「榎御房縁起」
b0029488_16533741.jpg飯山市解説板


親鸞聖人が越後から関東に向かわれる途中、逗留されたという伝承が残る飯山市旭藤ノ木の御旧跡を訪ねました。

後に、親鸞聖人のご教化の地を辿って越後からこの地を訪ねられた蓮如上人が、榎の木を植えられたことから『榎御坊』と呼ばれるそうです。

当時の榎はないそうですが、即如御門主が巡教されたときに植えられた榎が大きくなりつつありました。



場所について、ネット上では現在のところ情報に乏しいので、地図のリンクを張っておきます。

  googleマップ → 飯山市旭藤ノ木 藤ノ木の御旧跡『榎御坊』





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
by e.wash-r | 2010-10-03 16:24 | おまいりにて | Comments(0)
<< 晩年の恵信尼さま -ゑしんの里... 奥志賀スーパー林道を野沢へ -... >>