熊皮の御影  -上高地、嘉門次小屋にて-  
11月の正蓮寺真宗講座・黄鐘会冬座の御講師は宮崎幸枝先生です。

b0029488_013533.jpg


その宮崎先生が、K寺法座の帰り上高地に立ち寄られると聞き平湯へ。

上高地は終日雨。
雨ニモマケズ河童橋を渡り梓川右岸を明神池まで。

御法義を聞きながら上高地を歩くという不思議な贅沢をさせてもらいました。

雨が冷たくなってきた午後、嘉門次小屋で休憩。
嘉門次小屋は、猟師であり山の案内人でもあった上條嘉門次さんが開いた小屋です。

暖をとる囲炉裏端。壁に熊皮が掛かっていました。

ふっと、親鸞聖人の「熊皮の御影」のことを思い、熊皮をバックに先生の写真を撮りました。


「黄鐘会冬座のご案内」の宮崎先生の写真は、熊皮を背にしたものになるかもしれません。




         美濃48座、正蓮寺真宗講座 黄鐘会・冬座


         ご講師 宮崎幸枝師

         日 時 平成22年11月19日(金) 昼座14:00~ 夜座19:30~ 
 
         場 所 正蓮寺 岐阜市岩利






                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
by e.wash-r | 2010-10-13 00:34 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
<< 美濃四十八座 西光寺真宗講座 ... お取り越しがはじまりました >>