奈良、三木先生の勉強会
2010-11/29分

b0029488_0331188.jpg
b0029488_033283.jpg


法友5人と奈良へ。

熱の塊のような三木先生の講義を、20~60代の生徒が聞いています。


講義後、お茶をいただきながら三木先生とおおよそこんな会話。

先生:「奈良の人!岐阜は法座のおまいりが多いで。奈良は負けとんがな。」
奈良の人:「そんなにおまいり多いんですか?」
先生:「200人はあるな。岐阜の人!あの法座はいつからはじまったん?」
ボク:「正尊寺さんでは10年前からです。」
先生:「あんたんとこは?」
ボク:「5年目になりました。(5年前の第2回黄鐘会夏座の御講師は三木先生でした。)」
先生:「あんなにご法礼だして、赤字ちゃうの?」
ボク:「赤字です。」
先生:「住職がお布施するんやな。住職がお聴聞するんやから、そんでええんです。」

最後は、美濃四十八座を提唱されたS師のポリシーと同義ののことばでした。
サラッと言われたその言葉に感動。

やっぱり三木先生です。




                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
by e.wash-r | 2010-11-29 01:01 | おまいりにて | Comments(0)
<< 秋が終わる 大性寺報恩講 2010  -仲... >>