お取り越しにおまいりしてクリスマスプレゼントをもらおう!
b0029488_145359.gif


"お取り越しは、盆や正月・祭りの日と同じで、白いご飯を食べることができる日だった。"

当地のお年寄りのお話です。

お取り越しにおまいりしているこどもに、このことを伝えています。

そして、"ひと言"。

「きっと、おじいちゃんやおばあちゃん、お父さんやお母さんからご褒美がもらえると思うよ。」

今年は、おじいちゃんおばあちゃん、お父さんお母さんにも気を遣って、"もうひと言"付け加えています。

「たぶんクリスマスころに!」



ある種の人たちからは叱られそうです・・・。以下、マニアックな話題。



ところで、「研修会」などで「神祇不拝」ということばを聞くことがあります。あたかも真宗の教義のように、親鸞さまの姿勢のように語れれることが多いですが、出拠・出所をあきらかに聞いたことがありません。

勉強不足ボーズの遠吠えですが、ボクは「神祇不拝」ということばの陰に、何となく誓願不思議をよろこぶということとは趣の違う人間の主義主張のにおいを感じています。

実は何度か「研修会」でこのことを質問したことがあるのですが、親切に答えてくださる方にいまだ出会っていません。ご存じの方がいらっしゃったら、教えてくださああああい。



『お取り越しにおまいりしてクリスマスプレゼントをもらおう!』キャンペーン。

結構いいノリと思っているのですが、キリスト教の方に失礼ですよね。ゴメンナサイ。



   必見門徒 釋證眞のブログ 無盡蔵  2010/12/8「神祇を拝まず」








                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
by e.wash-r | 2010-12-07 23:17 | そらごと、たはごと | Comments(0)
<< 石鹸 1 散歩 >>