正源寺報恩講 -七条袈裟のご院さん-
おまいり合いの報恩講の最後、石谷の正源寺さんへ。

b0029488_043499.jpg
b0029488_0433534.jpg
b0029488_0435731.jpg


立春、寒明け。雪こそ降らなかったものの落葉樹の見える景色はまだまだ寒々しています。でも、七条袈裟を着用して奔走されるご院さんの熱で、本堂や庫裡は熱気がありました。

とにかく賑やかに報恩講をつとめたいという一心で、おまいりに来てみえるご門徒さんにもご院さんにも、さらに「おまいりに来てください。」と声をかけ通しのご院さん。

おつとめの前に走り回りすぎて乱れてしまった七条袈裟を、D寺の若いご院さんが直していらっしゃいました。


今年度の報恩講が終わりました。来年度はいよいよ750回忌の報恩講です。




                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    
by e.wash-r | 2011-02-05 23:04 | おまいりにて | Comments(0)
<< 桜ヶ池 -皇円阿闍梨と弥勒菩薩... 第22回 門信徒の集い >>