役員会 -親鸞聖人750回大遠忌を迎えるー
b0029488_4502095.jpg


役員会。責任役員さんと寺総代さんが集まられました。

来年1月の当寺報恩講は、750回忌の特別な報恩講としてつとめるということになりました。(親鸞聖人750回大遠忌法要とは別です。)

全門徒でつとめる(準備、おまいり)というのが目標です。

世の中の流れや最近の教団の嗜好とは、ちょっと違う方向になるのかもしれませんが、総代さん方といっしょに少し踏ん張ってみたいと思います。






                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    
by e.wash-r | 2011-02-26 23:48 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(2)
Commented by 釋行精 at 2011-02-28 23:01 x
大遠忌法要とは別で特別な報恩講ですか
どのようなことをされるのか興味あります

ところで、すべての別院の大遠忌法要に御門主様が御親修されると聞いたのですが、本当ですよね?

岐阜別院ではどうですか?
Commented by e.wash-r at 2011-03-01 02:44
「特別な報恩講」という表現、適切でなかったかもしれません。

お同行みんなで準備して、みんなでおまいりして、みんなでお聴聞する、聖と俗、自発と強制がが混沌とした、お祭りのようなお通夜のような、そういう感じの報恩講のことです。

「特別」ではなくて「普通」の報恩講というのが正しいような気がしてきました。

ある意味、ボクの知らない「昔」の報恩講への憧憬です。



岐阜別院のことは、わかりません。申し訳ないことです。機会があれば聞いてみます。



釋行精さま
<< 50年前のポスター -昭和36... 『ゴミを拾った長女のすがたが浮... >>