名古屋へ -成照星先生の講義を聴く-
16日午後から名古屋へ。

一泊して成照星先生の講義を聴きました。
全く出来の悪い生徒のボクは、恥ずかしい思いでひたすらノートをとるのみ。
とにかく、勉強不足というのは恥ずかしいことです。
かといって、早速勉強家になれるかというと・・・。みっともないことになっています。

田舎者のボクは、東北関東大震災のなか大都市名古屋へ行くというそれだけで不安いっぱい。例えば、東海・南海沖地震が起きて名古屋の都市機能が麻痺した場合でも、岐阜へは歩いて帰ってくるつもりで、勉強会には不釣り合いな活動的な服装と靴で出かけました。

名古屋駅から当寺までの距離は、道のりで約43km。歩き続けて10時間ほど。
服装・装備だけは意気込みましたが、体力はどう考えても準備不足です。

不断の備えということはたいへんなことだと思います。



b0029488_23435740.jpg



成照星先生のことを「コンピューターのよう・・・」と譬えられた先生がいらっしゃいます。

11月21日、今年の黄鐘会冬座のご講師は、成照星先生です。
筋の通った他力のご法儀をいっしょにスッキリお聴聞しましょう。

お楽しみに。







                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
by e.wash-r | 2011-03-17 22:59 | 智慧と慈悲 | Comments(0)
<< ウォーキング 青年布教使研修 -浄土真宗の神祇観- >>