宗祖讃仰作法の習礼 -+七条袈裟の着付け教室?-
b0029488_1915386.jpg


2回目の仏心寺親鸞聖人750回大遠忌法要の習礼(しゅらい:練習のこと)。

3月27日の法要は七条袈裟衣用(えよう:着用のこと)ということで、今回は七条袈裟の着付け教室?も兼ねての宗祖讃仰作法習礼となりました。

特別法務員(本願寺のおつとめや作法の専門家)のi師のご指導。

僧侶の名誉のために付記しますが、より美しく、よりつとめやすく七条袈裟を着けるための着付け教室であり、着け方を知らないからではありませんので・・・。



当地で、総七条のおつとめにあうのは、ボク個人としては2回目です。O市S寺ご住職の葬儀、そして今回の法要。お荘厳のひとつのかたちです。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
by e.wash-r | 2011-03-22 23:14 | おまいりにて | Comments(0)
<< すべてのお寺 -トップの意気込み- お彼岸 -春の総永代経法要と門... >>