美濃四十八座 正尊寺真宗講座 外松太恵子先生
b0029488_2111117.jpg夜8時、法務を終え夜座へ。

田んぼの中に黄金色の本堂。
ほんとうに黄金に輝いていました。
b0029488_2114725.jpg外松太恵子先生。

満堂のお堂行。

おみのりと土徳を讃えられる先生のお話を心地よくお聴聞。
b0029488_2121517.jpg庫裡。サテライト会場。

こどももいっしょ。
寝ていてもお聴聞。


【お話より】

こどもが「よかったね。」「うれしいね。」と言ったときには必ず、「みほとけさまのおかげやね。」とこたえてみえたおばあちゃん。

こどもの口から、自然に"みほとけさまのおかげ"ということばがこぼれるようになりました。





最近、「うれしい」ということばを好んで使っています。今日のご法話を聞いて、ますますお気に入りのことばになりました。


・・・「うれしいね。」







                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
by e.wash-r | 2011-05-26 02:45 | おまいりにて | Comments(0)
<< さくらんぼ  もうすぐ梅雨なので >>