美濃四十八座 専琳寺真宗講座 鈴木善隆師
b0029488_10385258.jpgプレゼン
合掌礼拝の作法をQ&A形式で、講談師のように説明されるご住職。スクリーンに映し出される映像のモデルは、ご住職のこどもさん。大喜びの門徒さん方。

b0029488_10392667.jpgお説教
滋賀から、鈴木善隆師。全身から繰り出される熱のお説教。節談にたどたどしく受け念仏。先頭になってお聴聞される前ご住職。

b0029488_1040381.jpg家路
あちこちから「おおぜいのおまいりでありがたかったねえ。」の声。そして、日暮らしへ。



各務原の専琳寺真宗講座の昼座へ。

ボクが座った周りにいらっしゃったのは、たぶん地元の婦人会の方々だったのだと思います。それぞれのお寺の雰囲気というものがあり、当寺にはない屈託のないおばちゃんパワーに巻き込まれてお聴聞しました。

美濃四十八座という流れがなかったら、いっしょにお聴聞することのなかった方々だったのだろうなあと思います。



日程調整のミスで、総代さんといっしょに参加する予定だった別院の行事を急遽キャンセルしました。総代さん方に申し訳なかったです。ひとつミスをして歯車が狂うと、ところてん形式で、次々と
迷惑をかけるという悪いパターン。

大切にするものをしっかり心得ておくべきなんでしょうね。







                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
by e.wash-r | 2011-05-28 00:31 | おまいりにて | Comments(0)
<< 「クジラと生きる」を見て さくらんぼ  >>