黒野組僧侶研修 山田行雄師 「他力」
影現寺さんにて。
b0029488_2017533.jpg


「他力」は誤解の多いことばです。

山田先生は、「他力」ということばを、「他」と「力」に分け、おおよそ誤解が生じているのは「他」の意味であるという視点でお話しくださいました。

『教行信証』には三ヶ所、「他力」についてのご文があります。

十方群生海、この行信に帰命すれば摂取して捨てたまわず。かるがゆえに阿弥陀仏と名づけたてまつると。これを他力と曰う。(行巻)

他力といふは如来の本願力なり。(行巻)

横超とは、本願を憶念して自力の心を離る、これを横超の他力と名づくるなり。(化巻)


この中で、「他」を説明しているのは、化巻の「 本願を憶念して自力の心を離る、これを横超の他力と名づくる」という一文。自力の心がなくなったところを「他力」と名づくとあります。自力は、本願の「十方衆生を必ず救う」という活動が領解できない心と行動です。


以上、レジメとメモより。

間違って聞いてないかなあ??? ちょっと不安。つくづく勉強不足を実感。


黒野組30ヶ寺で聴講者10名。休日の午後3時からだからかな?



                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    
by e.wash-r | 2011-05-30 00:16 | おまいりにて | Comments(0)
<< 美濃四十八座 光円寺真宗講座 ... 「クジラと生きる」を見て >>