8/4 お泊まり会 第49次南極越冬隊 石際淳さんのお話
b0029488_036729.jpg
南極の映像とトーク
b0029488_0364160.jpg
本堂いっぱいのこどもたちとかつてのこどもたち
b0029488_0371778.jpg
南極の氷
b0029488_0374511.jpg
右から白瀬隊と日曜学校の話をするM師、好奇心旺盛のAくん、一番お坊さんらしい感じがする石際淳師、ボク


今回のお泊まり会の夜のスペシャルイベント。

第49次南極越冬隊の石際淳師のお話を聞くことが出来ました。

おゆうじをつとめ、布団を敷いて寝るばっかりになった本堂で、何となくゴロゴロしながら、おとなもこどもも、南極の話にワクワク酔うというわがままで横着なコンセプトを快諾してくださった石際師にあらためて感謝です。

石際師とは、川のこととか山のこととかで、不思議なご縁で知り合いました。しばらくして、石際師が親鸞さまが好きだということも知りました。石際師は、黄鐘会にお聴聞にもきてくださいました。石際師主宰の岐阜テレマーク倶楽部のボクは幽霊部員でもあります。

石際師のblog「がおろ亭」HP「がおろ亭」では、山のこと南極のことをはじめ、実に幅広い見識と何よりダイナミックでパワフルな石際師の行動(遊び)を楽しむことが出来ますよ。

その石際師のお話を、こどもたちといっしょに聞くことができ、ほんとうによろこんでいます。

あまりに達人過ぎて、淡々としていらっしゃる石際師。スゴイことが普通のことのように聞こえてきて、驚くというより「ああ、そうなんだ」と当たり前のように納得して聞いてしまうことが、ちょっともったいないような気がしました。

男の子たちの目が輝いていました。うれしかったです。

お話と映像、そして極地研究所から届けていただいた資料と南極の氷。小さく割った南極の氷がプチプチはじける音を聞き、生きた南極の話を聞くことが出来たこと。大切にしたいと思います。

石際さん、極地研さん、ほんとうにありがとうございました。

それにしても、スゴイことを普通のことのようにしてしまう飄々とした石際師、恐るべし。
by e.wash-r | 2011-08-05 01:01 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
<< 御礼 8/5 お泊まり会 さい... 8/4 お泊まり会 まきまきパン >>