タイムカプセル -メッセージ・フロム・1998- ①
b0029488_2240982.jpg
b0029488_22403482.jpg


本願寺から7通の手紙の入った封書が届きました。

7通の手紙というのは、今から13年前の1998年、蓮如上人の五百回遠忌法要のおり、当時の日曜学校のこどもたち七人が、十三年後の自分に書いたものです。

手紙は、タイムカプセルに入れて、十三年間、大切に本願寺に保管されてきました。

親鸞聖人750回大遠忌法要の「こどものつどい」のおりに開封されたタイムカプセル。中の手紙が、今般、まず、お寺に戻ってきたのです。

当時のこどもたちに、何らかの方法で、もったいつけて届けたいと思っています。


7通の中には、我が家のこどもたちの手紙もありました。

当時6歳・幼稚園、来年成人式を迎える長男の手紙を眺め、和んでいます。13年というのは、ノスタルジーに浸るに、ほどよい時間のようです。

心に染みる、未来を見据えた素敵な企画をしてくださった本願寺少年連盟に感謝。

関連 → 正尊寺住職雑記






                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
by e.wash-r | 2011-09-24 23:22 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(2)
Commented by 竹蓮母 at 2011-09-26 10:30 x
いいですね!この手紙!!あとはいやになってしまいました!
子供の成長はあっという間ですね
すっかり大きくなった長男のおかげで
子供との一瞬一瞬の時間の貴重さが良くわかりました

信じられないような時代になってきましたが
ますます日々心を込めて育てていきたいと思います

ところで1日に皆でお参りに伺います
お会い出来るのを楽しみにしております。

Commented by e.wash-r at 2011-09-26 23:35
親も一緒に育つと、聞きました。親と子は同い年なんだそうです。

長男の面倒くさがり具合は、相変わらずです。親も相変わらずと言うことでしょうか。




竹蓮母さま
<< バースデーケーキ -お聴聞デビュー- 秋季彼岸会・永代経法要 アルバム >>