蜂屋柿
b0029488_17145882.jpg

10時過ぎから1時過ぎまでの空き時間、裏庭の蜂屋柿の収穫。

よく言えば自然農法、現実は手入れしないまま放ってある蜂屋柿の木は、上へ上へと伸びていて、しかも、その伸びきった枝の先の方に柿は実っています。

結果、はしごを掛けて、高枝挟みを使って、アクロバティックな柿ちぎり。

身体、ギコギコになりました。

b0029488_17152726.jpg
左:岐阜本巣名産 富有柿    右:美濃加茂蜂屋名産 蜂屋柿



蜂屋柿は、いわゆる渋柿。干柿にします。古来、干し柿の高級ブランドだったようです。

美濃加茂市蜂屋が産地であり、たぶん原産地。

江戸時代以前の時の政府・権力者は、蜂屋柿の上納に対し、米の年貢を免除してきたという歴史もあると聞いています。


ヘタをT字型に切りそろえるところまではしたので、あとは女性陣におまかせ。

うまくいけば、報恩講のご馳走になるかも。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
by e.wash-r | 2011-11-17 23:27 | ふるさと | Comments(2)
Commented by 竹蓮母 at 2011-11-22 11:30 x
わーおピカピカの柿ですね!先日は家族がお世話になりました
私も蓮ちゃん連れて行きたかったです
Commented by e.wash-r at 2011-11-27 02:46
竹蓮母さま

ご家族のみなさま、本堂の縁に座って、ひなたぼっこしながら、銀杏を見上げておいででしたよ。


返信遅くなって申しわけありません。
<< i銀杏だより 銀杏が色づいてきました >>