おみがき
b0029488_17523837.jpg

A地区六人の方々が、お輪灯のおみがきをしてくださいました。

A地区では、当日葬儀がありました。お見送り、お取り持ち等々、葬儀との関係でおみがきをどうするかという相談がありました。

おみがきは、当番の方々が日時・方法を決められる習いです。ご無理のないようにと、すべておまかせしました。

当番の方々は、相談されて、予定通りおみがきをしてくださいました。



最近、田舎でも、葬儀はいわゆる町の葬儀会場で行われるようになりました。村で葬儀をだすということではなくなったわけです。

おみがきが予定通り行われたのは、そんな事情に依るところもあるのだろうと思っています。
by e.wash-r | 2011-12-12 17:27 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
<< お昼ごはん  12/13 極楽寺報恩講 -「他国坊主と国... >>