除夜会 -竹の灯籠と焚き火と里芋のぜんざい「いとこ煮」-
b0029488_1536573.jpg
b0029488_15402118.jpg
b0029488_15363919.jpg
b0029488_15365645.jpg
b0029488_1537171.jpg


二年ぶりに雪の降らない除夜会。

11時半から、本堂で正信偈のおつとめをした後、入れ替わり立ち替わり、おおよそ140人の方々が、除夜の鐘・初鐘を撞いていかれました。

今年は、親鸞聖人の750回忌のご縁ということで、例年のぜんざいに替えて、親鸞聖人がお好きだったという小豆をつかった報恩講料理「いとこ煮」のおふるまい。

「いとこ煮」は地域によっていろいろバリエーションがあるようですが、当寺流は、おもちの代わりに里芋を使ったぜんざい。50年ほど前までは、報恩講のおときの一品だったと聞いています。

「懐かしい!」という人。怪訝な顔をしながら「以外とおいしい!」というひと。等々

予想以上に好評でした。・・・来年(今年)はどうしよう???



竹の灯籠で幽玄な雰囲気を醸し出してくださったSさん、Yさん、ありがとうございました。
薪をたくさん準備してくださったG建設さん、ありがとうございました。
焚き火、いとこ煮のお接待をしてくださった総代のみなさん、ありがとうございました。


108以上の鐘を撞いたあと、一通りの片づけを終えた午前3時、静かになった本堂で、坊守と元旦のおつとめ。

なんとか一年が終わったというか、やれやれまた一年がはじまるというか・・・。
by e.wash-r | 2011-12-31 23:59 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
<< ことしもよろしくおねがいします。 銀杏拾い >>