おもしろうてやがてかなしき・・・
例年通り、1月4日・5日の報恩講まで、怒濤のごとく過ぎた年末年始。

報恩講が終わって、平常の法務に戻りつつ、おつきあいのお寺の報恩講のおまいり。

2月上旬に正源寺さんの報恩講がありますが、ほぼ今年の報恩講が終わりました。

ご正忌(1月16日)のおつとめもおわったので、午前中、本堂のお荘厳を平常に戻し、境内あちこちの後かたづけをしました。久しぶりの、体を使った仕事。

報恩の講を、ことしもなんとかつとめることができました。

間もなく大寒、もうすぐ春なのに、なんとなくさみしい。


b0029488_2355419.jpg五具足

b0029488_23553764.jpg常香盤


b0029488_2356341.jpg阿弥陀さまの前のお華

分解途中  松一式?!

正面
b0029488_23562133.jpg阿弥陀さまの前のお華

分解途中  松一式?!

側面


b0029488_0201887.jpg竹の灯籠


お役を終えて
この後
竹炭になります






                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
by e.wash-r | 2012-01-20 00:29 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(2)
Commented by 空扇 at 2012-01-20 17:15 x
竹炭ですか。間に合うなら出来るだけ厚肉のを1本欲しいのですが。 よく飛ぶ竹トンボ作ります。
Commented by e.wash-r at 2012-01-21 01:27
お華束盛り用の竹べらをつくろうと思って、2本キープしてあります。

是非、よく飛ぶ竹トンボの材料としてお使いください。

「よく飛ぶ」・・・ボクとしては、滞空時間の長いのが好みです。


空扇さま
<< 「薪(まき)」と「薪(たきぎ)」 円光寺報恩講 1月17日・18日 >>