銀杏の皮むき -捕らぬ狸の皮算用?!-
b0029488_1715031.jpg


年末に降った雪の下から、たくさんの銀杏が出てきました。

拾い集めてはありましたが、年始の忙しさの中で、皮を剥いて食べられるようにする手間をかけられずにいます。

銀杏の皮むきのような仕事は、結構楽しんでできることなのですが、とても面倒なことなので、それなりにまとまった時間がないと取りかかる気になりません。

夕方、ちょっと時間ができたので、どのくらいまとまった時間を作れば、銀杏のの皮むきができるのか試算してみました。無駄なコトして遊んでます。

・10粒の銀杏の皮むき(むくだけ)に約30秒。

・1分で20粒、1時間で1200粒、さぼる時間を考えると1時間1000粒。

・数千個あることを考えると皮むきに数時間、洗いにまた数時間。

やっぱり一日仕事。若しくは半日仕事2回。

時給1000円とすると、拾う・剥く・洗うあわせて、銀杏一粒の人件費は3円くらいかなあ。


暇ができたときの、ささやかな楽しみにします。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
by e.wash-r | 2012-01-26 00:01 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
<< 格付け会社 -日本人の好きなも... 来年度に向けて?  -キッズサ... >>