よろずのこと、みなもって、そらごとたわごと、まことあることなきに
b0029488_0723.jpg


おまいりは、仏徳賛嘆・お荘厳です。

ボクたちのすることですから、できるのは、手間をかけ、丁寧にすること。実際、それもままならないですが,、それでも、丁寧なおまいりは心がけています。

お荘厳ということを思い、例えば、鏧(きん)は、強すぎず柔らかい音がするようにと打ったりしています。力強く打って、大きな音にするのも、お荘厳なのでしょうが、つまるところ、ボクの好みは柔らかい音なので・・・。


M家のおじょうはん。

お仏壇の前に座ると、お香の煙が、50センチくらい真っ直ぐに立ちのぼっていました。揺れず、細く、ほんとうに真っ直ぐに。その白い糸のような煙に見とれました。

見とれたまま、おつとめをはじめました。鏧(きん)を一音。煙が震えたような気がしました。煙が震えるのが見たくて、二音め以降は強く打ちました。間違いなく、煙は鏧(きん)の音のたびに震えていたと思います。

おまいりのあと、Mさんが、「ご院さん、なんかしらんけど、今日はお鏧(きん)を強く打っとんさったねえ。」とおっしゃいました。

"丁寧なおまいり"とか、かっこいいこと言っていても、そんなもんなんですよね。

言うまでもなく、ボクの"こころがけ"や"思い"や"好み"など、実に怪しいものです。



・・・ただ念仏のみぞまことにておわします



                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
by e.wash-r | 2012-02-25 00:24 | おまいりにて | Comments(0)
<< 留年考 せこい話 -エコって難しい- >>