春の嵐
b0029488_2081032.jpg


全国各地で吹き荒れた春の嵐。当地もひどい風雨でした。

お寺の入り口の交差点。間違えて用水路に落ちる人が多いので、工事現場用のコーンが置いてあります。

そのコーンが、吹き荒れた風に飛ばされました。

一つは隣の畑に、もう一つは用水路に落ちてずいぶん下流まで流れていました。

春の日差しの中、拾い集めてのんびりリセット。やれやれ。

交差点の脇に立っていた昔の有線放送用の電信棒が、やはり強風に煽られて折れて倒れていました。

朽ちて倒れた木の墓標のようでした。当地の習慣では、朽ちて倒れた墓標は、お役を終えたとして、再び立てることをしません。

この電信棒も、お役を終えたということかなあ。おつかれさま。


from iPhone



                    Tumblr 『西蔵防だよん』 

                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
by e.wash-r | 2012-04-04 20:08 | moblog | Comments(2)
Commented by 釋覺性 at 2012-04-05 08:50 x
今回の低気圧、岩手も大変でした。
岩手にいらっしゃったことがあるとのこと。
大沢温泉ですか? 私は大沢温泉から2つ手前のホテル(温泉)に勤めています。花巻は全国でも有数の温泉場です。

多田等観師のお寺ですね。正確には等観師の甥にあたる方が御住職をされています。私はお会いしたことはありません。
多田師は秋田県生まれ。戦時中に甥の方をたよって花巻に疎開してきたらしいです。多田師は高村光太郎さんとも親しかったそうです。
 多田師が開山したところ「円万寺観音堂」が温泉の近くにあります。

御住職様はチベットに行かれたことがあるのですか?

私も時間とお金があったら、それと高山病にならなければ行ってみたいです。ただ、いまのチベットは、中国共産党が入っていて
かつてのチベットらしさが失われたと本で読んだことがあります。チョカン寺(大昭寺)の釈迦像見てみたいですね。
多田師がダライラマ13世に献上した「金襴」を着ているのですようね?
Commented by e.wash-r at 2012-04-06 00:33

花巻の温泉にも泊まりました。お世話になっていたのかも知れませんね。

チベット行、是非実現してください。ボクも、できるならもう一度行きたいです。

当blogの「チベットと日本」http://pochi21.exblog.jp/8384809/
の記事、良かったらご覧ください。

実現したのかどうかわからないのですが、ダライ・ラマ法王に、日本から正信偈を献上するという計画があったようです。

釋覺性さま
<< This is a cap. ... 正蓮寺の歴史を語る会 1 >>