いろいろ -銀杏の枝を切りました-
b0029488_129394.jpg傷つけ合う枝
b0029488_1313577.jpg切断
b0029488_1315034.jpg柴のできあがり
b0029488_1321142.jpg銀杏の芽



おじょうはんと法事を終え、3時過ぎから今日は境内一円の草刈り。小雨が気持ちいい。

5時。草刈り機の燃料が切れたので、とりあえず草刈りは終了。

まだ明るいし、せっかく雨に濡れたついでということで、銀杏の枝を切ることに。


よく伸びて絡まり合って、お互いを傷つけている枝のことがずっと気になっていました。

人間でいうなら、自己免疫疾患みたいに自らを攻撃しているような、歪んで生えた"親知らず"が口内の粘膜を傷つけているような、そういう状況。

『バビルサ』という猪に似た動物は、曲がった牙が成長しすぎると自分の頭に刺さってしまい、場合によっては死に至ることもある(らしい)といいます。そういう感じでもあります。

銀杏といい、人といい、『バビルサ』といい、生きるという本能とともに、理屈では説明できない不条理も背負っているんですね。


簡単に片づくと思っていましたが、切っても絡み合った枝は絡み合ったままです。ロープをかけて、無理やり引きずりおろそうとも思いましたが、すでに芽吹きはじめている枝を、さらに傷つけることになりそうで躊躇しました。

やむなく、脚立の上で背伸び立ちして、アクロバティックな姿勢で、何カ所か枝を切り分けました。かなりの難作業。予定よりずいぶん時間と体力を費して、日が暮れるころ、なんとか作業終了。

ひと仕事終え、気分良くシャワーを浴びて、夜のおまいりへ。

最近、法務の合間に上手に雑務を楽しんでいるなあと、自画自賛。

とはいえ、勉強はしてないし、事務仕事はため込んでいるし・・・。いやはや、ようするに、イヤなことは後回しにして、好きなことをして遊んでいるという構図でした。嗚呼。




                    Tumblr 『西蔵防だよん』 

                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
by e.wash-r | 2012-04-21 02:43 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(2)
Commented by 釋覺性 at 2012-04-21 17:11 x
私の所有している「節談説教」は大谷派の祖父江省念師です。
親鸞聖人伝、蓮如上人伝。声がすごく太いです。
御聴聞している方がたの「受け念仏」と説教が合わさっていて、
いい感じです。受け継がれているのですね。

2年前にご本山(お東)の報恩講にお参りに行った時、お西様にもお参りしました。水ふき銀杏(名前違っていたらごめんなさい)真ツ黄色でとてもきれいだったので、写真におさめてきました。

私、たまに変なコメントするかもしれません。その時は、思い切り叱っていただいて結構です。よろしくお願い申し上げます。
Commented by e.wash-r at 2012-04-21 23:00
ボクもこどものころ祖父江師の節談説教をよく聞きました。

レコードですけど。
お座の休憩時間に、祖父江師の節談説教をかけていた時期があり、ボクはレコードの係りでした。

今思うと、もったいないことです。


構造やシステムについて、時に怒りや悲しみをともなって言及することはありますが、人そのものについては何とも思っていないことがほとんどです。

ついつい思っていること、配慮なしに書いてしまうことがあるかも知れません。

ご容赦を。そして、ご指摘を。



釋覺性 さま
<< 黒野組会 いろいろ -新年度、春、お聴聞... >>