第6回 正蓮寺の歴史を語る会 -糸引六字名号の譲り状-
b0029488_339593.jpg


天正9年8月22日付けで、美濃国第11代守護土岐頼芸が次男に宛てた「糸引六字名号の譲り状」が当寺に残っています。

なぜ、土岐氏の「譲り状」が当寺に残っているのかは、今のところ、まったくわかりません。

西蔵坊が彦坂より岩利の地に移転したのが天正10年春といわれていますので、「譲り状」の日付けの天正9年は、西蔵坊移転の最中と考えられます。

「何か」があったと想像します。



譲り状には、六字名号のことが次のように書かれています。

此ノ名号ハ万徳ノ帰スル所ニシテ衆生救済ノ去願ヲ全ス


有り難いですね。
by e.wash-r | 2012-06-17 23:51 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
<< 正蓮寺仏教婦人会懇親会 黒野組「れんけん」 -談合とい... >>