布教のための研修会
b0029488_1484085.jpg


午後2時から別院にて、岐阜教区布教団主催の『布教のための研修会』に行ってきました。といっても法務の関係で1時間ほど遅れての参加。

ご講師は、安方哲爾師。


第1部は「正定滅度」について。

「浄土真宗の法義において、此土では現生正定聚の益を得、彼土では滅度の益を得ると説かれている。したがって、此土の益と彼土の益とは明確に区別されるので、此土では一分たりとも滅度の利益を得ることはないということを明らかにする。」というのが「正定滅度」の題意。

第一部の講義は最後の15分くらいしか聞くことができませんでした。残念。


第二部は「布教における注意点」と題して、鋭くて厳しいご指摘を受けました。反省。


「必ず救うというお慈悲のお話が聞きたい。」とおっしゃるお同行の声。社会貢献をしていこうという宗門の指導者の声。ご院さんとしてどちらの声に応えていくかはあきらかだと思います。

信条・信仰がなんであっても、社会貢献は一市民としてできることをしていくもんですよね。





                    Tumblr 『西蔵防だよん』 

                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
by e.wash-r | 2012-10-12 23:48 | おまいりにて | Comments(0)
<< ねじれの位置 奈良・四法会 -王舎城の悲劇- >>