除夜会、元旦会、そして夜が明けて最初の参詣者
今年の除夜会は、たぶん150くらいの鐘をつきました。

かなり冷え込んだ夜でしたが、大勢の方々がおまいりしてくださいました。

11時半から本堂で正信偈をおつとめして、除夜の鐘。
竹の灯籠を並べ、たき火をして、ぜんざいを食べながら、ボチボチ。
なんとなく終わったのは午前2時ごろ。

軽く後かたづけをして、午前2時半頃から、元旦のおつとめ。
「総序」拝読。
やっと年を越せたという安堵感。

朝、たき火の後始末をしていると、本堂の南から、薄茶色の太った猫がゆっくり歩いてきました。
あまり太っているので、狸かもしれないと思った瞬間、ふっと目があいました。
猿でした。

b0029488_2481570.jpg


猿はスゴイ勢いで走り、木に登り、山門に飛びうつりました。
追いかけましたが、あっという間に見失いました。

本堂の戸を開けっ放しにしてあるので、お供えのお華束やお菓子や果物が食べられないか心配です。
by e.wash-r | 2013-01-01 12:29 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
<< 初参式 元旦 >>