報恩講 1月4日 お逮夜(お昼のおまいり)
b0029488_1752146.jpg
13:30から  お逮夜法要 正信偈・五十六億和讃 ご正忌章拝読 
b0029488_17523277.jpg
法話二席 専宗寺 大熊秀基師


例年になく少ないおまいりでした。受付の方は、いつもの1/3だとおっしゃっていました。最近では、最も少ないおまいりだったように思います。

本堂の椅子は空席の方が多く、ちょっとさみしい感じでしたが、組内の正源寺さん、法友の浄勝寺さん・正尊寺さん、法類の超宗寺さんがおまいりしてくださり、賑やかな法会となりました。

お取り次ぎは、この秋、伝道院を出られた新進気鋭の大熊秀基師。大熊師のおじいさんの根岸秀典師は、何十年と当寺の報恩講のお取り次ぎをしてくださっていました。前住職と根岸先生の間で、「死ぬまで」という約束があったようで、まさに、そのときまでお取り次ぎでした。

「おじいちゃん」である根岸先生の話もときどき交えながらのお取り次ぎ。万感の思いでお聴聞しました。
by e.wash-r | 2013-01-05 00:02 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
<< 報恩講 1月4日 お初夜(夜の... 報恩講 1月4日 準備 >>