円光寺報恩講2013
円光寺報恩講お逮夜法要におまいり。

坊守さんとおつきあいのある女性僧侶の方々と組内法中で十数名。内陣の回畳に座りきれないほどでした。楽人の方々も出勤され、賑やかな法要でした。


円光寺さんの報恩講の衣体は黒衣です。ボクがおまいりするお寺さんでは、円光寺さんのみの習慣です。


衣体というのは、意外と決まっているようで決まっていません。

ご門徒さんのご法事を色衣でつとめられる地域。
お取り越しを色衣でつとめられるご院さん。

個性があって、おもしろいと思います。

例えば、当寺の場合、おじょうはん(月忌)は、布抱に小五条袈裟という規範にはない衣体です。永代経法要は、以前は黒衣・五条袈裟でしたが、色衣・五条袈裟に変えました。門徒さんの入仏法要のときも、色衣・五条袈裟です。

知らないだけで、それぞれのお寺さん流というのがあるんでしょうね。いいこと、おもしろそうなこと、楽しそうなことは、どんどん真似しようと思います。
b0029488_1471326.jpg
2012/10/7

昨年勤められた円光寺さんの親鸞聖人の七百五十回遠忌法要。色衣で出勤しました。考えてみたら、円光寺さんで色衣を着たのは初めてだったということに、今気づきました。
by e.wash-r | 2013-01-18 00:19 | おまいりにて | Comments(0)
<< 第十七回 正蓮寺の歴史を語る会... 正尊寺報恩講2013 >>