お茶会
b0029488_1152245.jpg
b0029488_1153129.jpg



お茶の稽古の方々のお茶会。「ひなまつりの茶会」ですかと尋ねたら、遅い「初釜」ですと。

まあ、「立春の茶会」でも、「バレンタインデーの茶会」でも、「里谷多英引退おつかれさまの茶会」でも、とにかく茶会ができればいいんですよね。

酒飲みのきっかけと同じで、縁なんだから何でもアリというところが潔くて好きです。


目的を隠すための理由付けというのは、あまり気分のよいのもではありませんが、目的が明確なことの理由付けというのは、どうでもいいところがいいです。


ごまかさずには生きていけませんが、ときどきでいいので、何の衒いもなく「ただそうしたいから」と言えたらいいですね。
by e.wash-r | 2013-02-23 23:14 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
<< 日曜の夜、午後7時 夢は枯野を駆け巡る -sale... >>