ご懇志をお預かりして本願寺へ
b0029488_0152376.jpg


Mさんのご懇志を本願寺にお届けしてきました。


現在、岐阜教区では、親鸞聖人の750回大遠忌法要の厳修と岐阜別院本堂修復等の記念事業を計画しています。その円成にむけ、当寺でも、懇志の依頼等について、役員会・総代会・総会と順を追って、具体的に丁寧な協議をすすめているところです。

今回の岐阜教区の記念事業では、一部、「本願寺への永代経懇志」を「岐阜別院への永代経懇志」のお取り扱いにすることができるということになったそうです。

簡単に言うと、「院号」授与は本願寺、「懇志」のお扱いは岐阜別院、ということです。

このこと自体に、異議はありません。

ただ、当寺のご門徒さんの場合、本願寺へ永代経懇志を納めることは、本願寺に参拝し開闢法要のご縁に会うということでもあり、それを習いとしてきました。

本願寺に参拝され、開闢法要のご縁に会われた方々は、みな、たいへんよろこんでおられます。

このような経緯から、当寺では、原則として、永代経懇志は本願寺にお届けし、本願寺で開闢法要のご縁にあうという今までのスタイルを踏襲したいという意向です。教区(の一部の方々)からは、また、「非協力的」というお叱りを受けるかもしれませんが、やむを得ないと思っています。

というわけで、なんとなく、岐阜別院を通して本願寺に懇志をお届けするのは気が重いので、Mさんには、ボクの都合がつくまで待っていただくことをお願いし、ようやく、今回本願寺に直接ご懇志をお届けしたという次第です。



寒い本願寺の本堂に、おそろいのダウンジャケットを着た(たぶん)こどもとお母さん。ずーっと座っていらっしゃいました。

おふたりの思いを知る由もありません。が、上山されるご門さんもボクも、たぶんよく似た思いなんだろうなあと。




                    Tumblr 『西蔵防だよん』

 
                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
                    【 9年前の今日のblog
by e.wash-r | 2013-03-02 23:14 | おまいりにて | Comments(2)
Commented by 釋覺性 at 2013-03-03 17:34 x
ほのぼのとした・・・というか、愛らしいというか、とても
いい写真だと思いました。
京都にいきたいなぁ。お東では、教如上人400回ご遠忌が、
春の法要の期間中に営まれます。
京都に行ったのは4年前。東西本願寺と興正寺・知恩院に参詣しました。今年行こうかな・・・。
Commented by e.wash-r at 2013-03-05 00:07
宗教的空間がつくる世界ですよね。
実際の雰囲気は写真よりもっとよかったです。

東北からだと遠いですが、遠い分の楽しみもあるかと。
是非実現を!


釋覚性さま

<< 定例総代会 ゆきあそびしよう >>