春のお彼岸 永代経法要
b0029488_0274438.jpg
曇天。午後には雨も。思ったより小寒い日でした。
b0029488_0282255.jpg
受付。役員さん方は、お飾りや掃除等々、早朝から準備をしてくださいました。
b0029488_0284321.jpg
法座。ほぼ、満堂。午後はおまいりが減りました。花粉症で辛い中ようこそようこそ。
b0029488_029299.jpg
おときの準備。ベテランさんから新人さんまで。飛び入りでお手伝いをしてくださった方々も。
b0029488_0292686.jpg
おとき。果物や鉢物の差し入れがあり、いつもより豪華。ごちそうさまでした。
b0029488_028249.jpg
いつも通り、良くも悪くも淡々と過ぎたお中日。ちょっと刺激に欠けた感じがしないでも・・・。





予定通り、楽しく準備できなかった分、不安をかかえてつとめた彼岸会でした。少しづつ改善してきたシステムのおかげだと思うのですが、難なくつとめることができたものの、なんとなく不完全燃焼。

準備の大切さというか、相応の結果があればいいというものではないということをつくづく感じました。

準備の大切さということが、時間のことなのか、質のことなのか、自身の気持ちの充実の問題なのかは、よくわかりません。とにかく、心地よく疲れたいですね。


最近、親子・夫婦・兄弟等でおまいりされる方が増えてきたように思います。この流れ、雰囲気、大事にしたいと思いました。ひとりよりお仲間といっしょの方がいいということではなく・・・。


今回も課題もらいました。法座をつとめたのだから、ただよろこべばいいのかな。




                    Tumblr 『西蔵防だよん』

 
                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
                    【 9年前の今日のblog
by e.wash-r | 2013-03-20 23:27 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
<< 現実逃避 お荘厳を見たいというリクエスト... >>