『スートラ53号』編集終了 -I shall be released-
b0029488_1136484.jpg


3回の編集会議。いつも午後7時半から深夜まで。

専門的なことから他愛のないことまで、こんな風にしたら「読みやすいんじゃないか。」、「 伝わるんじゃないか。」と、延々と。

なんとか最終稿完成。


ボクの役割は、広報部のマネージメントと編集作業。原稿を書くという憂鬱なプレッシャーはありませんが、慣れないDTPソフト「Publisher」のおかげで、何日かは徹夜もさせていただきました。


いいものができるといいと思っていますが、不思議と愛着がないのはなぜ?とも思っています。

組長さんに最後の推敲をしてもらい、24日、最終稿を印刷屋さんに入稿。

本日、印刷屋さんから印刷完了との連絡が入りました。予定通り7/1に受け取ることができそうです。

やれやれ、ほんとうにやれやれ・・・。すこし解放された気分。


『リリース』(release)には、「解放する」という意味と曲や本などが「発表される」「発行される」という意味があるんですよね。興味深いです。





                    Tumblr 『西蔵防だよん』

 
                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
                    【 9年前の今日のblog
by e.wash-r | 2013-06-29 23:59 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
<< 「岐阜の茶の湯」 黄鐘会その後 -満足はできない... >>