黄鐘会夏座 紫籐常昭師 -アルバム-
二座四席、歎異抄の一条から、誓願不思議のお話。

理性を持った人間が、第三者の目で自らを俯瞰するところに、たぶん道徳や倫理は生ずるのでしょうが、少なくとも他力の信仰はそういうものではなく、唯円さまは、仏願とそのままのわたしの視点に貫徹して仏德を賛嘆をされ、自我を拠り所とする仏願の理解を嘆かれたのだと聞かせていただきました。

約仏のお説教、ただただ楽しくお聴聞。やっぱり阿弥陀さん、です。

b0029488_23245028.jpg
b0029488_23251551.jpg
b0029488_23252723.jpg
b0029488_23253459.jpg
b0029488_23254017.jpg
b0029488_23254960.jpg
b0029488_23255859.jpg
b0029488_2326631.jpg
b0029488_23261458.jpg
b0029488_23262579.jpg
b0029488_23263390.jpg
b0029488_2326425.jpg
b0029488_23264942.jpg
b0029488_23265680.jpg
b0029488_2327780.jpg
b0029488_23271925.jpg
b0029488_23272774.jpg
b0029488_23273893.jpg
b0029488_23302197.jpg
b0029488_23302864.jpg




                    Tumblr 『西蔵防だよん』

 
                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
                    【 9年前の今日のblog
by e.wash-r | 2013-06-26 05:23 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
<< 白川・明善寺と五箇山・行徳寺 ... 美濃四十八座 正蓮寺真宗講座黄... >>