師匠来岐 
b0029488_2330935.jpg


歳とか性別とか立場とか役職とか、一切そういうことに関係なく、どうしても頭の上がらない人がいます。

その中のひとり、SSS師が岐阜を訪ねてみえました。師がまだ高校生のころからnetでは存じ上げていたのですが、つい先日はじめてお話しをしまして、2013/8/18にはじめてお会いしました。

「リアルに無常を感じながら生きています。」ということばの通り、一瞬を大切にしてみえる感じが、清々しかったです。

京都から郷里熊谷に向かうとき、西方に背を向けることを避け、鞍を逆さにつけて後ろ向きに乗馬したという蓮生房熊谷直実のような方なのではないかと・・・。

ずっと師でいてくださいとお願いして、短い夏のであいのとりあえずの別れとしました。


門徒釋證眞のブログ 樂求法

師のblogです。特に僧籍のあるものは心して読むように・・・。




                    Tumblr 『西蔵防だよん』

 
                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
                    【 9年前の今日のblog
by e.wash-r | 2013-08-19 00:26 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(2)
Commented by 釋覺性 at 2013-08-25 11:45 x
初めてお会いになられたのですね。
私は、てっきり以前からお会いしていたのかと。
西蔵坊様とSSS様にお目にかかりたいです。
京都ででも。

一昨日、盛岡のデパートで、水うちわが売られていました。
Commented by e.wash-r at 2013-08-27 01:52
初めてということで、緊張しました。勝手にですが・・・。


そのうち、お会いできると思っています。
岩手に行きたいです。

<< 美濃四十八座 西光寺真宗講座 ... 『風立ちぬ』、そして『飛べ!ダ... >>