境内清掃 
b0029488_22221556.jpg


恒例の境内清掃。

蒸し暑くときどき小雨も降る中、70人の方々が、境内、本堂、書院、庫裏、裏山の掃除をしてくださいました。

いつもはT造園さんがパッカード車で、剪定した小枝や山の雑木を処理場まで運んでくださるのですが、今年は仕事が重なり無理とのこと。軽トラ数台でピストン輸送することになったのですが、とても量的に間に合わないと言うことになり、急遽T土建さんにお願いして2t車を借りてきました。

WさんとYさんと3人で2t車に乗り、木や草の運搬。阪神淡路大震災の時の瓦礫運びを思い出しました。

村の道普請、川普請、共有地の柴刈り、堤防の草刈り等々には、生業としての仕事とはどこか違う、共同作業特有の楽しさがあります。いつも村役に出ているわけではありませんが。


朝7時から休憩をはさんで10時過ぎまで。台風の接近で、不安定な天気が予想されたので、作業終了後の銀杏の木陰での会食は中止。婦人会の方々が作ってくださった混ぜごはんは、お弁当にして持って帰ってもらうことになりました。


みなさん、おつかれさまでした。


来年の境内清掃は「銀杏の葉が散ったころ」というのも一考かと。



◆写真を撮る余裕がありませんでした。写真は、作業終了後、残って彼岸会の相談される総代さん方。

なんとか午後の法務は涼しい顔でつとめましたが、夜は疲れがひどく寝付けませんでした。疲れすぎて寝付けない夜は今夏3回目。昔は疲れたら眠れたのに・・・。



                    Tumblr 『西蔵防だよん』

 
                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
                    【 9年前の今日のblog
by e.wash-r | 2013-09-01 23:21 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
<< 第29回正蓮寺の歴史を語る会 ... 開かずの間、開かずの戸棚で見つ... >>