第35回正蓮寺の歴史を語る会
b0029488_0273873.jpg


岩利・八幡神社の棟木の検証。

来る5/3、縁あって岩利城主塚本小大善の末裔のT氏が来寺されます。そのための資料作りと、当地の案内について、臨時の話し合い。

資料については、今までの「歴史を語る会」で確かめてきた、当西蔵坊正蓮寺の歴史・岩利八幡神社の棟木の検証等による戦国時代以降の岩利の歴史をまとめました。(ほとんどM氏によるものです。)

案内については、岐阜市の歴史博物館拝観、金華山と岐阜城(登るか見るかは未定)、岩利城遠望、八幡神社より岩利一望、そして西蔵坊のあった彦坂善仏の洞散策を予定。


相談の後、長老方のこどものころの岩利の様子を拝聴。
おまいりに行ったときの当家の方々との雑談も含め、ボーズがようようできる社会貢献のひとつであると思っています。




                    Tumblr 『西蔵防だよん』

 
                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
                    【 9年前の今日のblog
by e.wash-r | 2014-04-28 23:26 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
<< 「おとな」 とは   Tumb... 善明寺庫裏落慶法要 >>