塚本氏来寺  -岩利城主塚本小大善と西蔵坊の歴史-
b0029488_7472955.jpg
b0029488_7465912.jpg
b0029488_7474997.jpg
b0029488_7481243.jpg
b0029488_748331.jpg
b0029488_7484720.jpg
b0029488_7485969.jpg


岩利城主塚本小大善の歴史を受け継がれる塚本氏が、兵庫県よりはるばる来寺。

塚本家の資料・口伝を通して、岩利の歴史について、貴重なお話を聞くことができました。当地宮部氏が何十年とかけて積み重ねひもとかれた岩利の歴史と、塚本家に伝わる歴史が、400年を隔てて結実。大袈裟ですが、奇跡的な出来事だと思います。


10:36 岐阜駅で塚本氏を迎える
岐阜市歴史博物館拝観
西蔵坊跡、岩利城跡、佐野信長騎馬隊馬場跡、岩利八幡宮を巡検
本堂にて塚本氏講話
書院にて深夜まで談義


検証の途中ですが、「塚本氏の家紋」と「岩利八幡宮の紋」と「正蓮寺井戸の紋」が一致。400年前、西蔵坊が岩利に移転した謎が解けそうです。




                    Tumblr 『西蔵防だよん』

 
                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
                    【 9年前の今日のblog
by e.wash-r | 2014-05-03 23:45 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
<< ムシカリの花 美濃四十八座 超宗寺真宗講座 ... >>