勉強会づくし -歴史を語る会と壮年会例会-
b0029488_2314194.jpg
b0029488_2315454.jpg


午後2時より「正蓮寺の歴史を語る会」。

M氏が、井戸の紋の拓本を取り、拓本と現物を確認しながら文様を写し取ってくださいました。

正蓮寺移転に際し、(岩利城主塚本小大善は、)先ず井戸を掘り、当地森山を拓き、伽藍をを移したのだろうというのがM氏の説。主導したのが、塚本小大善かどうかは仮説ですが、そうでなければ、状況から考えて寺基移転はあり得ないという考え方です。

井戸の深さは約4m、水深は約1mでした。


b0029488_2315878.jpg


夜は、仏教壮年会の例会。「真宗儀礼の勉強会」です。今回から、具体的な作法について。

礼拝の場に入るとき、ほとけさまの前に座ったときの作法、一揖と合掌について。実践、練習をしながらの座談会。

今回は、最後に作法のおさらいも兼ねて「讃仏偈」のおつとめをしました。


おつとめをしても、お聴聞しても、作法を習い、歴史を勉強しても、そこは人間、現実の日暮らしの苦悩は絶えません。最後は娑婆の苦楽も語り合い、夜は更けました。




                    Tumblr 『西蔵防だよん』

 
                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
                    【 9年前の今日のblog
by e.wash-r | 2014-05-19 00:59 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
<< 今年度最初の黒野組広報部会 カフェ気分 >>