黒野組寺族婦人会 不要布裁断作業
b0029488_16103763.jpg


15年ほど前から続く、不要布の裁断作業。今回は、当寺が会所をお受けしました。

当初は、福祉施設のウエスの需要、要望を受けての、ボランティアとはいえある程度責任を負っての仕事でした。当時とはいくらか状況が変わり、今は、使ってくださるところに使っていただくという感じの、以前と比べたら気負いのない作業となりました。

面倒なことがイヤなボクは、一時、この活動は、もう役割を終えたのでは?と思っていました。でも、ものごとには、必ずしも正当な意味が必要といことでもないわけで・・・。なんとなくボーっとした感じで流れてゆくことがあってもいいんじゃないかと。

年に何回か、本堂でたわいもない話をしながら不要布の裁断をする・・・。たわいもない話をするだけに寄るというは、なんとなく気が引けますが、手を動かしながらなら・・・、という感じ。


昔、本堂の裏を流れる伊自良川の草ぼうぼうの堤防には獣道のような道があって、その先の河原には洗い物ができるようになった場所がありました。川遊びをしているボクたちと同じように、河原には話し込んでいるおばあちゃんたちがいました。


たまには、一生懸命やらなくてもいい仕事をするのもいいかも。





                    Tumblr 『西蔵防だよん』

 
                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
                    【 9年前の今日のblog
by e.wash-r | 2014-05-29 23:08 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
<< 絶不調 仏法住持 >>