法事にて  -50回忌-
b0029488_1527570.jpg


T家の50回忌のご法事。

前日、当家より「高齢者が多いので、三部経のうち二巻のおつとめにしてほしい。」と電話がありました。始まりの時間と終わりの時間は、予定通り10時から12時までくらいでいいとのこと。そのままお受けしたものの、時間配分が難しいな、と思っていました。

T家のにつくと、お父さんの50回忌のおまいりにみえた90歳を超えるおじいちゃんおばあちゃん方でいっぱいでした。当家のお嫁さんが、おじいちゃんおばあちゃん方のお世話で奔走してみえました。とにかく、こんなにゆるやかにすすむ時間を過ごすのは久しぶりと思うほど、全てがゆっくりでした。最初は、ちょっと歯がゆかったですが、そういうもんだと思えれば、のどかな時間です。

無量寿経と観無量寿経の二巻をおつとめする予定でいましたが、もう少し時間の短くなるように無量寿経を阿弥陀に変更。それでも、ゆっくりゆっくりすすんだご法事が終わったのは、12時を超えていました。

おじいちゃんやおばあちゃんの時間におつきあいし、いかにボクたちが、合理的でスムーズな時間の進み方を当たり前のようにしているのかがよくわかりました。

日暮しの手を少し休め、縁者といっしょに仏さまに手を合わす。ただそういうことだと思えば、時間の進み方は、どうでもいいわけですが、要するに、ゆっくりに慣れていないんですよね。

仏事の気構えより、”今日は法事”というある種の割り切りが楽しさのコツのような気がします。




                    Tumblr 『西蔵防だよん』

 
                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
                    【 9年前の今日のblog
by e.wash-r | 2014-06-15 23:13 | おまいりにて | Comments(0)
<< 黒野祖だより『スートラ』55号... 第18回黄鐘会夏座 アルバム >>