懐中本尊 -元善光寺式弥陀三尊像-
6/26分

b0029488_16274163.jpg
b0029488_16275519.jpg


村内親戚の自宅での葬儀のため、ボクと坊守は終日おとりもち。明日のお斎の酢の物だけは前日に作っておくということで、長老方の指導のもと、若手のSくん夫妻とボクと坊守で厨房へ。

季節柄、きゅうりと春雨と人参の酢の物。畑から採ってきたきゅうりを使い切ったら、グリーンサラダのような酢の物になりました。ちょっと雰囲気がヘンということで春雨を追加。結果、大量の酢の物が出来上がり、長老は唸ってみえました。少ないのはご法度なので、まあ、ご愛嬌。


26日と27日は、兵庫からはるばる訪ねていらっしゃる岩利城主塚本小大善の子孫の塚本氏と、同じく塚本小大善の子孫である土岐の塚本一族との会談があり、そこに「正蓮寺の歴史を語る会」も同席させていただくことになっていました。400年ぶりの塚本一族の再会という浪漫です。

当正蓮寺と塚本一族の関係を記す記録は見つかっていませんが、塚本家に「岩利にて真宗に帰す」という意の口伝があることから、今回同席させていただくことになった次第です。

ただ、ボクは村内葬儀のため、会談には同席できません。出席予定の「正蓮寺の歴史を語る会」の宮部さんと兵庫の塚本さんと三人で、お通夜の終わった8時過ぎ、会談前夜の一献をかたむけました。

塚本さんが持参された塚本小大善縁の元善光寺式の懐中弥陀三尊像。岐阜を離れられたあとの塚本一族が兵庫でお仏壇をご安置されるまでの間携行された懐中本尊だそうです。

こじつけたような穿った言い方になりますが、とりあえず400年の時空を超えて、やっぱり阿弥陀さんです。




                    Tumblr 『西蔵防だよん』

 
                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
                    【 9年前の今日のblog
by e.wash-r | 2014-06-26 23:02 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
<< 隣家ご葬儀 -昔ながらに自宅か... 美濃四十八座 浄明寺真宗講座 ... >>